2010年04月14日

夏以降も一部で指揮中止=病気療養中の小澤征爾さん(時事通信)

 食道がんの治療のため今年1月から半年間をめどに活動を休止している指揮者の小澤征爾さんが、8月の「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」のオペラのほか、10月から始まるウィーン・フィルハーモニーの公演と日本ツアーでの指揮を中止すると、事務所を通じて発表した。
 治療は順調に進み、体力の回復に努めているとした上で、サイトウ・キネンは、オーケストラコンサートとオペラの両方は体力的に難しいとして後者を中止し、ウィーンフィルについては移動が多いため控えることにしたという。
 小澤さんは「皆様にはまたご心配とご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ありません。私自身も大変残念ですが、主治医の指示に従い万全を期したいと思います」としている。 

【関連ニュース】
がん治療費、年133万円=患者7割「負担大きい」-NPO調査
がん患者取り違え手術=前立腺摘出、2年半後発覚
白血病薬への抵抗たんぱく質発見=再発防止へ期待
つかこうへいさんが肺がん公表
小澤さん休養、中国も心配=メディア

環境未来都市へ、4地域で次世代送電網の実証事業 経産省が選定(産経新聞)
北アルプス 「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる(毎日新聞)
タイ衝突で死亡の村本さん遺族、バンコクへ出発(読売新聞)
<菅副総理>政府内で増税協議へ (毎日新聞)
<雑記帳>マリン大役、警察から「みまもり犬」委嘱 広島(毎日新聞)
posted by シギハラ ノブオ at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

2010年03月30日

JR脱線 立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も(産経新聞)

 「可能な限りの安全対策を取ることは市民感覚としても当然のことである」

 JR福知山線の脱線事故について、歴代3社長も起訴すべきだと議決した神戸第1検察審査会は、議決理由でこう言い切った。

 改正検察審査会法に基づき、昨年5月の裁判員制度導入と同時に大幅に権限強化された検審。東京では政治資金規正法違反事件に絡み、鳩山由紀夫首相や民主党の小沢一郎幹事長が審査対象となるなど、社会的に注目を集めることも多くなった。今回の起訴議決は「国民の常識や視点を反映する」という当初の狙いが機能し始めていることを示した。

 検審の起訴議決第1号となった明石歩道橋事故をめぐる議決では、「検察官の基本的立場は被疑者が有罪か無罪かという点にある。しかし、審査会の立場は、市民感覚の視点から、裁判で事実関係や責任の所在を明らかにすることを望む点に置く」と、刑事裁判の位置づけを変えることを“宣言”した。

 ただ、「市民感覚」の名のもとで、公開の裁判にかけてしまうことは、過剰な社会的制裁を与えることにつながりかねないという危険性も秘めている。

 とりわけ、今回の事件の時効は4月30日。議決理由にも「議決時期が時効完成後になることは絶対に回避する必要があると考えた」とある。今後、「判断は拙速ではなかったか」との見方も出そうだ。

 確かに、100人以上の乗客が犠牲になった結果の重大性や、被害者救済という観点からは、「起訴」という判断は国民感覚に近いものがある。

 しかし、法律家の視点では業務上過失致死傷罪成立へのハードルは低くない。神戸地検幹部は昨年12月、検察審査会に「事実を誤解している可能性がある」と言及している。

 「市民感覚」と「法律家の感覚」を、どう折り合いをつけていくか。今回の起訴判断は、捜査も含めた刑事手続きを根本から変えてしまう可能性もあり、公判過程と裁判所の判決が注目される。(酒井潤)

普天間移設先2案、社民・福島党首が反対表明(読売新聞)
<障害者自立支援法訴訟>和解…負担ゼロ、母の願い(毎日新聞)
<普天間問題>徳之島への移設に「断固反対」…鹿児島県(毎日新聞)
地下銀行営業でベトナム人4人逮捕=約30億円を送金−宮城県警(時事通信)
<民主党>今年6勝14敗 都県議補選・市長選(毎日新聞)
posted by シギハラ ノブオ at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。