2010年04月14日

夏以降も一部で指揮中止=病気療養中の小澤征爾さん(時事通信)

 食道がんの治療のため今年1月から半年間をめどに活動を休止している指揮者の小澤征爾さんが、8月の「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」のオペラのほか、10月から始まるウィーン・フィルハーモニーの公演と日本ツアーでの指揮を中止すると、事務所を通じて発表した。
 治療は順調に進み、体力の回復に努めているとした上で、サイトウ・キネンは、オーケストラコンサートとオペラの両方は体力的に難しいとして後者を中止し、ウィーンフィルについては移動が多いため控えることにしたという。
 小澤さんは「皆様にはまたご心配とご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ありません。私自身も大変残念ですが、主治医の指示に従い万全を期したいと思います」としている。 

【関連ニュース】
がん治療費、年133万円=患者7割「負担大きい」-NPO調査
がん患者取り違え手術=前立腺摘出、2年半後発覚
白血病薬への抵抗たんぱく質発見=再発防止へ期待
つかこうへいさんが肺がん公表
小澤さん休養、中国も心配=メディア

環境未来都市へ、4地域で次世代送電網の実証事業 経産省が選定(産経新聞)
北アルプス 「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる(毎日新聞)
タイ衝突で死亡の村本さん遺族、バンコクへ出発(読売新聞)
<菅副総理>政府内で増税協議へ (毎日新聞)
<雑記帳>マリン大役、警察から「みまもり犬」委嘱 広島(毎日新聞)
posted by シギハラ ノブオ at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。